無表情なコウモリは繊細カメレオン

説明などない。裏も表も縫い目は縫い目。

まっしろのペイパァ。

お友達が捕まった時、私は仕事が休みだった。

次の日の職場はその子の話で持ち切り。

 

あの子は金の亡者だからね。

ほら、クリスマスプレゼントで貰った物を「いくらになる」とか「たいした金にならない」とか言って。

お金に釣られて結婚してたこともあんのよ、あの子ったら。

だから捕まるようなことしてたって聞いても驚かないよね誰も。

 

私はその金の亡者がここでは標準的思考の持ち主なのを知っていたから黙っていた。

あの子のことを語る誰もがやってることで捕まっただろうに、そのことに気が付かない彼女らもまた、いつかそのうちの亡者なのであって。

 

 

私は違うけど。私は汚染されていないから違うけど。

私も彼女らの心の呟きと同じことを考えていた。

 

私はお金のためになんて考えたことがない。

私の頭のなかにはお金のことなんて少しも過ぎらない。

じゃあなぁに??私の頭の中を占める温度の低ぅいものの正体は??

 

ひとり、ふたりとお金が理由で(手に入れたのと失ったのと、二通りあったけれど)いなくなって、代わりに違う子が入ってきて、その子らもまた瞳に¥マークが書いてあるのよ。

最初そんなことなくても、最初そんなことなかった子ほど、全身隈なくお金お金と刺青を。いつの間にかではなく、目に見えて変化が起きるのだから。

 

 

みんなの真似してお金を持って、自由になった!って喜んだけどその紙をどうしたらいいのかわからなかった。

広告の裏のほうが、真っ白でお絵かきできるのに。

 

でも自由への切符だそうだから、お金を!お金を!もっとお金を!!!!

 

 

 

あのとき手にした紙の束は、今、感謝と申し訳なさの混じる気持ちで受け取るものと同一の物質で出来ていたのだろうか?

 

やっと人間(もしくはそれに近いもの)になれたのは私のほう。

 

 

ボンニュイ、ボンニュイ、良い夢を。

本物です。嘘ではありません。私がそれです。

 心理学のお勉強で発達のことについて学びましたよ。

 

何度も何度もやったのに、ボウルビィの名前は知っていても顔は知らないからイメージがわかないのですが、わざわざ顔写真を調べたいほどでもなく。

 

愛着形成!!!!!

きっと生まれつき誰かに愛着を持つようにできていなかった我が脳は、33年もの間、人間を信じることなく損得勘定だけで人を判断し・・・

 

しかし愛着形成を!!!

それを急激にしたい相手が見つかったことにより、突如脳内に「愛着を形成する機能」なるものを生成したようです。神秘。

 

ひぃい~~~~~~~~(悲鳴ではなく恍惚のファルセット)

 

 

 発達のところは、試験で必ず出るので勉強しておくように。

 

明日はなかなか覚えるのが大変な、いろんなひとの発達理論のところを勉強します。

エリクソンの本がそろそろ届くので、それを読んだら少しでもライフサイクルのこと覚えやすくなるかしらん。

 

 

 秘密の事ですが、エリザベス・ロフタス博士のファンです。昨日からです。(自己開示)

 

 

 サンタクロースはあなたの味方か?それとも???

 

 

 

秋の夕日に照らされたくないので日が沈んでから活動するとす。

人としての生き方、倫理観について、また、政党とは、真の民主主義とは何かと考えているうちに眠りについてしまいました。

また長時間にわたるお昼寝をしてしまいました。

実際は、さりさんとキャハキャハ笑いながらゴロゴロしてたらいつの間にか落ちました。

 

カッコつけて「堕ちた」とか言うやつは、本当の底を知らんのだよね。

私でも、底に足着いたことはないもの。

透明度ゼロの沼に肩まで浸かった頃さりさんに拾ってもらったから。

 

 

ロンドン橋落ちた。

 

 

本日は体育の日。間違いなくその日。

勤労感謝の日」などに比べて、「海の日」「体育の日」「山の日」…

わかりにくいです。

「の」のあとに何か隠されているのでしょうか?それとも所有を表す「の」でしょうか?

とりあえず祝いましょう。

踊りましょうランラララン歌いましょうランラララン。

 

 

 

今から、柿をむいて食べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カァとか言ってんなよ、ボンソワール!

十月だよ!!!十月になったよ!!

8月下旬から9月丸々、幸せな日々は少しも途切れることなく!

お祝いを!甘くて柔らかく熱を持ったお祝いを!

 

毎日のカルピスを!

 

そろそろカルピスのCMの話が来てもいいんじゃない???

餃子の食べ歩きロケのオファーとか!

「美味しい」以外何も言わずに黙々と味わうけど。

 

 

深い夜に誰もいない道を歩いてローソンに行くのは気持ちがいいので大好きです。

たまに不眠症のカラスが一羽誇らしげに鳴くのですよ。

「早朝なんかに起き出してゴミを狙うやつら、あんなの屑だね。ダサいんだよ。おいらの仲間なんかじゃねぇ。」

わかってるよ、あなたはそこらのカラスとは一緒にされたくないのね。どうりで艶が違うと思った。あなたも大人になるとあのダサさは必要な物だったと思うようになるのかしらね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンクしそうなパンツ。

 

 

 

 

土曜の午前中のゆっくりした時間。

人間の意図を知らなきゃ。

人間は今後どのような動きを見せるのか。

人間は私に傷つけられたと主張するがそれによって私をコントロールしようとしていないか。

恐れから観察を怠らないのに、間違った解釈をしてしまってはより悪い方へ。

そこからまた大きな恐れが生まれ、その連続で雪だるま式にごろごろごろごろ。

 

恐れは怒りの一種らしい。

悲しみも。

つまり私は無表情でいながら大きな大きな怒りを持て余して膨らんでいつの間にか投げるタイミングを失ってアァァアァアーーーーー!

 

腕の中で爆発が起きた気分は?

 

もう二度と目を覚まさないと確信して目を閉じたのに、再びその瞼が持ち上がった時の気分は?

 

あれほど幸福の存在を疑って鼻で笑っていたのに、毎日「幸せだよ」と言い合っている気分は?

 

 

 

 

これが夢だったら?

これが私の妄想だったら?

 

 

それでも今は、恐れという怒りを持たずにお昼寝ができるのだからいいじゃない。

 

 

護身用の短刀を手放したほうが安全になったって、可笑しい話ね。

 

 

 

眠気がやってきている。確実にね。

小さな白い子犬の眼に残酷な思い付きを見つけたり

 

うし蛙の膨らみ過ぎる顎に破裂の予感がして耳を塞いだり

 

トンボの翅の付け根をちぎってしまいそうな自分の指先の不器用さに寒気を覚えたり

 

感覚が研ぎ澄まされすぎたり鈍麻を極めたり

 

ピーンとモワッと忙しく入れ替わる

 

 

 

世界が迫ってくる迫ってくるのよ わぁわぁわぁわぁわぁ…

 

目を閉じても耳を塞いでも情報過多で

この世のドットは多すぎる

 

色をやたらめったら散りばめるのは何の目的なんだか

 

 

 

ポエムなんて、パステルカラーのでっかい綿菓子が好きな女の子が食べとけばいい

 

 

 

 

なななななななーななーなーのーのーののー

ナ行は口の中が気持ち良くなるの

それだけ

 

 

 

平和な光景。

ひょっとこ。

やっとこ。

 

こどもラッコ。

 

捕まえられたい鬼さんとの鬼ごっこ。

 

死刑を待つ偉い人ごっこ。

 

子守歌を歌う野ネズミ。

 

マヨネーズの脂肪分を拒否するスラムの人々。

 

 

何それわかんない、と言ったら地下牢に入れられる街。

 

鳩が我々を見ても飛び立たない庭。

 

 

ミサイルの先端に「文通相手募集」の貼り紙。

 

 

 

みさは、世界平和なんか興味ない。